金光教フォーゲル連盟について

私たち金光教フォーゲルは、金光教の教祖である生神金光大神様が教え下さった「み教え」をもとに、『実意』『愛』『勇気』『向上』の4つのモットーを掲げ、活動をしています。
各教会での隊集会を中心にしたフォーゲル活動では、そこに集う隊員たちが、おかげを頂いて生きていく人に育ってほしいとの願いを持って活動しています。
また、毎年開催される各地方連盟でのサマーキャンプや、御霊地金光でのフォーゲル世界大会、シニアグループ(高校生世代)を対象としたソアリングキャンプ、4年に1度開催される全国キャンプなどの行事を通し、隊員とリーダーが一緒になって考え、取り組み、共にお育てを頂いております。

近年、子ども達を取り巻く環境は、大変厳しいものがあります。インターネットや携帯電話などの普及により、生活は大変便利になった反面、人と人の関係は希薄になっているのではないでしょうか。
また、虐待やいじめなど、子ども達の命に関わるニュースは毎日のように報道されます。このように、めまぐるしく流動する社会であるからこそ、一人の人間として、苦難や問題から逃げず、真実を求めて生き抜かれた生神金光大神様の生き方を共に求めていき、そして、天地の恵みの中でたくさんの人や物にお世話になり、天地の間に生かされて生きている事に感謝をし、やがては、世の中のお役に立つ人にならせて頂けるよう、日々の活動に取り組ませて頂きたいと考えております。

第14代総長 原田 誠人(金光教すずかけフォーゲル隊)

金光教フォーゲルモットー

フォーゲル それは 実意に生きる

フォーゲル それは すべての人を愛する

フォーゲル それは 笑って困難にあたる

フォーゲル それは たゆまず進歩する

2017年度基本方針

「〜フォーゲル結成70周年に向けて〜
神様と共に、地道に子どもたちに信心を伝え、広げよう」

  • 隊活動の充実
  • リーダーの育成